妊娠線予防クリームおすすめ3つのポイントとは?

妊娠することでどうしてもできてしまうのが妊娠線です。全くできない人もいるようなのですが、そういう人は妊娠線がくっきりとできてしまった人からしてみるととても羨ましい存在ですよね。妊娠線はお腹が大きくなることでできてしまうものなので、防ぎたくても防ぎきれないということもあります。今回は妊娠線の対策に使う予防クリームについてお話していきます。

 

妊娠線の予防方法は大きく2つあります

妊娠線を予防する方法は二つあります。「スキンケア」と「体重管理」です。

 

体重管理

妊娠線は体重が急激に増えることで起こります。妊娠をして産婦人科に通っている大体の人は、病院に行くたびに必ず体重を計ると思います。病院では体重管理をしっかり指導しているところが多いと思います。急激な体重増加というのは妊娠線だけではなくて母体にも胎児にもよくないことですよね。しかし、だんだんと体重が増加していくというのはおかしなことではありません。急激に体重が増えているわけではないのに、妊娠線を気にしすぎて体重制限などをしないようにしてください。しっかりと必要な栄養素を取り入れながら適度な体重管理をしていきましょう。

 

スキンケア

妊娠線の予防には保湿をするスキンケアが大切になります。しっかりと保湿をすることで皮膚が柔らかくなって妊娠線ができずらくなります。皮膚は硬くなれば割れやすくなるし、柔らかくなれば割れにくくなります。物体と同じような感じですね。保湿クリームやオイルを使って妊娠線予防のスキンケアをしていくときは、ただお腹に塗るだけではなくてマッサージをして血行がよくなるようにしていきましょう。妊娠中の肌は代謝が悪くなっているので、マッサージをして血行をよくすることは皮膚を強くして妊娠線予防にもつながります。

 

妊娠線の予防クリームのおすすめ3つのポイント

妊娠線の予防クリームを選ぶ時のポイントを紹介します。予防クリームは薬局などで販売されているものもたくさんあるし、ネット販売限定で販売されているようなものもあります。

 

1.肌に優しい予防クリーム

妊娠中は肌も弱くなるので無添加無着色の予防クリームを使いましょう。妊娠中は普段よりも香りなどがとても気になるようになるので無香料のものを選びましょう。

 

2.保湿効果が高い予防クリーム

妊娠線の予防には保湿が重要です。保湿力が高い予防クリームを選びことで効果が高まります。コラーゲンやヒアルロン酸が配合されているものがおすすめです。

 

3.たっぷり使える予防クリーム

妊娠線の予防に使う予防クリームは、毎日たっぷりと使えるものが良いです。朝晩で予防クリームは使っていくのが理想的です。遠慮なくたっぷり使える財布に優しいものがおすすめです。コスパが良い予防クリームということですね。

 

妊娠線は消えないもの

妊娠線ができてしまうと消えることはありません。なので産後にケアを一生懸命するものというよりは、妊娠をしていてお腹がだんだんと大きくなっていく最中にケアをしていくものです。妊娠線は妊娠によってお腹が急激に大きくなったことで起きる皮下組織の亀裂です。皮膚は伸びることができるのですが、皮下組織は妊娠による急激な伸びに耐えることができないのです。この亀裂を作らないためにも妊娠線の予防をしていくのです。妊娠線の予防方法というのは医学的に推奨されているものなどは今のところありません。妊娠をして産婦人科に通院しても妊娠線に関しては何も指導を受けることはありません。妊娠線の予防をすることはできるのですが、予防をしたとしてもどうしても妊娠線を防ぎきれないということもあります。そんな時は自分でケアして消していくということは諦めた方が良いです。